今日はポケモンサークルに行ってきました。

 あ、あ、あ、ど、どうも……白龍閣下です……。
 今日は暇なので名工大のポケモンサークルに行ったけど持っているDSのうち二つが電池切れかけてて悲しい気持ちになったのでポチポチ孵化をやってました。
 そしたら、
「見ろよアイツ! 孵化なんかやってるぜ」
「神聖なる大学で孵化を行うなどなんたる恥晒し」
「というか生理的に無理。マジ死ねし」
 そんな視線を浴びながら僕はただ自分の情けなさを恥じ縮こまっているしかなかった。
 でもそこで部屋が開き、彼が現れたんだ。
「俺はカースド・ブライアン。石炭のスフィアを司るマスターだ」
 入るなり羽織っていたジャケットを四回の窓から投げ捨て、彼──ブライアンは肩に刻まれた十文字の傷を露わにした。
 すると傷が突然光り、僕の口から「グワワッ!」という情けない叫び声が漏れ、内臓が爆発四散し、僕が命の半分を削り封印していた魔王ディストロンが鋭利なる爪牙を閃かせ──
 二年後、そこには全日本中小企業サミットで佳作を取ったブライアンの姿があった。

 それはともかく、ポケモンは楽しかったです。
 あと黄色かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER106304RHV

Author:FC2USER106304RHV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR