「ポケットモンスター サン・ムーン」7世代野生マルチ大会!

こんにちは。ソルトです。毎日寒いですね。

今日はサンムーンを用いた野生マルチ大会を突発で行いましたので、そちらについての記事になります。



ルールはいたってシンプルです。
・制限時間15分の間に野生のポケモンを捕まえ、そのポケモンたちでノーマルルールのマルチバトルを行う
・レベル上げ、努力値振りは禁止
・「シンクロ」を使った性格厳選も禁止


前回ORASルールで野生マルチを行ったときは「技の変更禁止」「持ち物の変更禁止」のルールがありましたが、今回「まもるの技マシンは使用可能」「持ち物は変更可能」というルールになりました。少し戦略に幅が出そうですね。
またサンムーンからの新要素「仲間呼びによる乱入バトル」に関しては、意図せず発生する場合もあること、時間が15分と限られている中で仲間呼び連鎖により高個体を粘るのはリスクを背負うことを加味しOKとしました。



ちなみにORASで野生マルチを行った時の記事がこちらです。

この時優勝したのはがーねっと先輩&しぶ現渉外の最強構築「ゴルゴル」でした。持ち物なしの一致アクロバットをS90から放つゴルバットを2体並べて一方集中をかけ、早めに盤面を2:1にしてしまうことを目的とした見事な戦術でした。パーティ構築から試合の最中まで一切相談なしでここまでできたのほんとすごい。



しかし今回は「持ち物ありによるアクロバットの弱体」「まもる採用可能による一方集中の難化」で前回環境を制したゴルゴルは若干ナーフされました。
さらに、ゴルバットに変わり王者の風格を放つポケモンペリッパーが登場。夢特性無しで天候操作が可能な上、ポニの険路に出現するLv50後半のペリッパーは「ハイドロポンプ」「ぼうふう」「おいかぜ」「はねやすめ」というあまりに完結した技構成をしています。これはゴルゴルの時代、終わったか……
はてさて、今回はどんな構築が優勝を勝ち取ったのでしょうか?




































ゴルダックゴルダック
ゴルゴルだったか~!!!!!


先述した通りペリッパーが環境トップメタだったので、各自「いかにペリッパーを止めるか」に腐心していたことと思います。ノー天気ゴルダックはその回答のうちの一つといえます。

ペリッパーの強さの半分以上を占める特性あめふらしを無効化し、隣にパワーのあるポケモンを置けば安定して処理できますね。
また、選出画面で相手側に両方ゴルダックが見えていることによる選出圧力もあったかもしれません。お見事です。
S5eGaWHO.jpg

というわけで、優勝して見事野生児の称号を獲得したみやざきれおくん、ラピスくんおめでとうございます。
(ラピスくんは前作のトップメタだったゴルバットを輝石運用、みやざきれおくんは前作の普通にトップメタだったメガガルーラを使っており、7世代環境でもまだまだ衰えないその実力を見せてくれました)
おや?サークル内最高レート保持者にして前会長の偉大なメワラ先輩と組んで足を引っ張った奴がいるらしいぞ?




そういえば冒頭こんにちはって書いてましたが、新年1発目の投稿でしたね。
あけましておめでとうございます。(激遅)
今年の活動も楽しくなりそうです。それでは。
スポンサーサイト
プロフィール

FC2USER106304RHV

Author:FC2USER106304RHV
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR